家庭教師のメリット

家庭教師のバイトのメリットをご紹介いたします。まずは時給が高いところです。大学生にとっては塾講師と並んで高時給を得るバイトとして人気があるのも頷けます。また、週1日からでも始められると言う派遣先が多いのも人気の理由です。それにWワークも良しとするところもあるのです。そして、自宅近くで出来ると言うのも大きなメリットで遠い場所まで行く必要がないので、時間が有効に使えます。というのも、派遣先もたいていは自宅近くで紹介してくれることが多いからです。また、将来、学校の教師、塾講師を目指す学生にとっては最適な仕事と言えるでしょう。何と言っても仕事をしながら、指導法、子供とのやりとりについて学べるからです。

このようにメリットが沢山のバイトですが、それなりの覚悟は必要です。まずは知識です。いくら、前に勉強したことと言っても教えるとなると更なる勉強が必要なのです。教えることにより、先生も成長しなければならないのですし、生徒によっては自身がわかるメカニズムと違う方法で教えなければ理解を得られない場合もありますから、一つの方法だけを修得すればよいということではありません。また、場合によっては専門教科以外を教えることもありますので、こちらは気合いを入れて勉強しましょう。そして、保護者とのやりとりも大切な仕事になりますので、失礼のないよう、言葉遣いにも気を付け、一社会人としての常識も身に付けましょう。このようなことを学生のうちに学べるのも家庭教師の仕事のメリットです。

家庭教師に携わる人

家庭教師の仕事に携わる人についてご紹介いたします。まずは、アルバイトです。大学生、大学院生など、比較的時間があり、得意教科等がある人が多いですし、受験経験があり、生徒とも年齢が近いということで、話しやすいと言う生徒側のメリットがあります。そして、学生として勉強中なので、勉強に苦しむ子供達の気持ちをわかってあげられると言う気持ち面でのサポートにもなることでしょう。また、大学生、大学院生というのは生徒にとって、あこがれの存在ですから「先生のようになりたい。」と思ってやる気になる場合もあります。そして、社会人は比較的時間の融通の利く仕事の人、主婦、私立学校の教師という人が携わっていることがあります。

一方で最近増えていますのが、プロの家庭教師です。たいていは教育分野に携わっていた人(塾の講師を長年務めていた、元学校の教師等)です。プロということで責任感もあることでしょう。マンツーマンの指導で生徒一人ひとりと向き合えることに生きがいを感じていると言う方が多いようです。また年齢的にも上の方が多いので、保護者としては安心して子供を任せられると言う声が多く寄せられています。このようなプロの先生が多く登録している家庭教師センターがあるようです。いずれにしても、バイトで経験を積み、このようなプロになるというのも一つの手段です。

家庭教師の時給

家庭教師の時給は高額と言われていますが、その相場はどのようなものでしょうか。皆様にとっては、興味深いことであると思いますので、当サイトで分かりやすくご説明いたします。一般的な大学生の家庭教師のバイトの時給は相場で言いますと時給1000円~2000円台です。募集の表記が時給3000円となっているところは東大生の医学部生用だったりすることもありますので、よく確かめることが必要です。また、社会人、プロと言ったランクがあり、それによって金額が違います。プロ家庭教師と大学生のアルバイトと両方扱うセンターでは下位2グループに分かれていますので、時給1200円スタートというところもあり、手数料が引かれていたり、交通費なしだったりということもありますので、要注意です。

思った時給と違うというトラブルがないように、よく確かめてバイト先を選べば、高時給でやりがいのある仕事になるのが「家庭教師」です。学歴、指導経験の変動無しで時給2000円~2500円の家庭教師センターもあります。このようなセンターをネットで探すのはもちろんですが、実際に電話をしたり、訪ねたりして安心できる場所であることを確認してから登録しましょう。経験のある信頼できる人に話を聞いてみるのも良いでしょう。

家庭教師の仕事

家庭教師のバイトは高時給なので、大学生に人気です。しかし、一口に「家庭教師」と言ってもどのようなものか、わかりにくいところもあります。当サイトでは、家庭教師のバイトについて皆様の気になるところを分かりやすくご説明いたします。ご興味のある方はご参考になさって下さい。何と言っても、お金に関することは気になるところですので、時給の相場、また、どのような人がこの仕事に携わっているか、家庭教師の仕事のメリットについて等、分かりやすくお伝えいたします。

まずは、「家庭教師」という仕事はどのようなものなのか、その概念についてご説明いたします。家庭教師とは、主に小学生から高校生にその子供の家で勉強を教える私教師のことを言います。国家資格ではありません。学習塾と同様に学校の授業でその生徒が足りない部分を補ったり、受験生であれば、志望校合格を目指す等、個々の目的に合った指導を行います。アルバイトで大学生や社会人が行う場合もありますが、職業として専業(プロの家庭教師と言われています。)の場合もあります。

古くは貴族や富豪の家でその子弟で学問を教えるために雇われていた家庭教師が存在したようです。将来、貴族や富豪としてやっていくために必要な教養を授けるためにその家に雇われていた職業としての家庭教師だったと推測されています。海外に多いその例ですが、日本でも明治から戦前あたりまで存在していたようで学校に行かず、家庭教師に勉強を教わっていたと言う貴族や高級官僚の子弟もいたようです。しかし、現在の日本では学校に行かず、家庭教師に教わるという事は不登校の子供意外には考えられませんので、時代と共に家庭教師のニーズは変わってきています。